小匙舎+みずたま雑貨店

吉祥寺にある古道具と雑貨のお店です。
*毎月第一土曜日に『小さな朝市』[10:00~売り切れ次第終了] を開催しています。
【旅食堂】ご予約受付スタートしました
 
こんにちは、小匙舎です。

先日お知らせしました『小匙舎の旅食堂』。
早速お問い合わせをいただいたり、どうもありがとうございます。

只今せっせと試作と打ち合わせを繰り返し準備中です。

みなさんに喜んでいただけるおいしく楽しい一日にしたいと思っていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

*タイムスケジュールとご予約のしかたについては、小匙舎HPをご覧ください。
こちら→

また、あさって9日(水)『ラトビアの手仕事、森の民芸市』展がスタートします。
【期間:11/9(水)〜27(日)火曜定休】

こちらも色とりどりの手編みのミトンやため息のでるような細かなモチーフの靴下、
ひとつひとつ削って作られた木のスプンやカップ、
ラトビアの森の小枝を編んだバスケットなど、
創り手の想いのこもった手仕事がたくさん並びます。

ぜひみなさまのお越しをお待ちしております。


小匙舎
| 小匙舎のお知らせ | 12:30 | - | - | pookmark |
ラトビアの手仕事展と旅食堂のお知らせ
こんにちは、小匙舎です。

さて、今日は大切なお知らせがふたつ。

ひとつめは、

『ラトビアの手仕事、森の民芸市』展 
11月9日(水)〜27日(日)※火曜定休

毎年行っているラトビア展が今年もはじまります。

今年も6月にラトビアのリガで行われる森の民芸市に
大きなリュックを背負って行ってきました。

今年はお天気もよくとっても気持ちのよい二日間だったのですが、
その中でラトビアのおばあちゃんやおじいちゃん、子供達とお話をしながら、
ひとつひとつ仕入れてきた、手編みのミトンや靴下、木のスプン、
バスケットなど、ぬくもりあふれる手仕事が並びます。

寒い冬を越すあたたかいお供を見つけにぜひいらしてください。

昨日からお店では先行して、手編みのミトンが並びはじめています。

今年はとくに色とりどりのさまざまなモチーフの素敵なミトンに出会うことができました。どれも一点限りなので、ぜひお時間を見つけて、お気に入りを探しにいらしてください。

そして、ふたつめは…

小匙舎がこの冬で5周年を迎えるにあたり、
ずっとひっそりあたためていた企画を催すことにしました。

その名も…『小匙舎の旅食堂』。

あちこちを旅して出会ったものをひとさじひとさじ集めて、5年が経ちました。
感謝の気持ちをこめて、小匙舎が旅先で出会った忘れられない味や
想い出に残る風景を切り取り、たった一日だけの旅食堂としてお届けいたします。
<一日限定>『小匙舎の旅食堂』

・日時 12/7(水)11:30~20:00 L.O 
・場所 Shiva Cafe shakti 
             〒180-0001
             東京都武蔵野市吉祥寺北町3-1-1 <MAP>

・旅のごはん: 旅先で出会った諸国のごはん 3,000円
(ウェルカムティー・前菜・メイン・デザート/旅のお土産つき)【予約制】
[お持ち帰り用のお菓子もございます]

・旅の雑貨:旅で仕入れた雑貨が並びます

・料理:イシトキト(料理ユニット) お菓子・デザート:星谷菜々(料理家) 
 雑貨:小匙舎(旅で見つけた手仕事と古道具)


一日限定の旅食堂は、
みなさんそれぞれに濃密な時間を味わっていただけるように、完全予約制となります。
(席数が限られているため、一組様1h30のご利用とさせていただきます。
ご了承くださいませ)

タイムスケジュールの詳細は後日お知らせいたします。
予約の受付は11/7(月)スタートとなります。

※ご予約はこちらのメールアドレスまでお願いいたします。
(小匙舎) coucou☆kosaji.com (☆を@に変えて送信ください)


旅先で食べたごはんやデザイートを再現してくださる強力なパートナーは、
いつもお世話になっているイシトキトさんと、
料理家の星谷菜々さんが引き受けて下さいました。

また一日限定の旅食堂のために素敵な場所を提供して下さったのはShivaCafeさん。

たくさんの方にご協力いただけることになり、
すでにキンチョーと不安でドキドキしていますが、
きっと楽しんでいただける催しになるようがんばります。

ぜひぜひ、みなさまお誘いあわせの上、遊びにいらしてください。

小匙舎
| 小匙舎のお知らせ | 13:54 | - | - | pookmark |
サーミ族のアクセサリ入荷しました
 こんにちは、小匙舎です。

今日は霧雨しとしとの吉祥寺。
気温もぐっと涼しくなり、夏の終わりかしら…と思うとあっけないようなさみしいような。

さてさて、今日は新商品入荷のお知らせです。

小匙舎がスタートした頃から扱っているサーミ族のアクセサリ、
品切れ状態が続いていましたが、どどんと入荷しました。

今回は、今までも扱っていたトナカイの角で作られたペンダントに加えて、
トナカイの革とピューターで作られたブレスレットも並びます。

サーミ族とは北の果てラップランドでトナカイとともに暮らす民族です。
こちらのアクセサリを作るのは「Voss & Kompani」というスウェーデンの小さな会社。
初夏の買いつけのときに、Vossさんのオフィスを訪ねて、
色々なお話をうかがいながら、直接仕入れてきました。

詳しいお話は小匙舎日誌にてご紹介する予定です。

トナカイの角でつくられたペンダント。
しあわせのことり・雪の結晶・精霊・植物の神・ゆりかごの5種類のモチーフがあります。

ひとつひとつ表情の異なるぬくもりを感じられるアクセサリ。
自分へのお守りや大切な人への贈りものに…。

サーミ族の伝統工芸トナカイの革にピューターを編んだブレスレット。
色はダークブラウンとナチュラルブラウンの2種類。
編みモチーフは雰囲気の異なるタイプで全部で5種類あります。

こちらはシンプルなデザインのブレスレット。
左のタイプは、メンズサイズもあります。
色は、ナチュラルとナチュラルブラウンの2種類。

右のタイプはピューターのみで編まれた贅沢なデザイン。
幅広のタイプと重ねて着けても素敵です。

夏の太陽に日焼けした肌にもしっくり馴染む、
年を重ねてもずっとお使いいただけるアクセサリです。
ぜひお手に取ってご覧ください。


※なお前回のブログにて、本日21日(日)の営業時間の短縮をお知らせしましたが、
通常通り19:30まで営業しております。
度々の変更となり、申し訳ありません。

| 小匙舎のお知らせ | 14:11 | - | - | pookmark |
モロッコの雑貨たち
こんにちは、小匙舎です。
『初めて旅したモロッコ』展も残すところあと3日となりました。

小匙舎日誌では、モロッコの旅日誌を更新中です。

今日は商品をいくつかご紹介します。

♦タッセル付きボトル
タッセルはモロッコでは人気のアイテムですが、
こちらはコットン製のタッセル。
ぐっと雰囲気のやわらかくなるコットン製タッセルは、モロッコでも珍しいのです。
カラーバリエーションも、落ち着いたトーンのものを選びました。

バスルームに並べて化粧水をボディオイルを入れたり、
色違いで並べてインテリアとしてもお楽しみいただけます。

 

♦ハリラスプン
モロッコでは一般的なスープ「ハリラ」のためのスプンです。
オレンジの木からひとつひとつ職人さんの手作りで作られた、
素朴でころんとした形のスプンです。

サイズは、XS,S,Mの三種類。

くり坊みたいなとんがった形がかわいいのです。
無塗装なので、使ってゆくうちに味わいの出るスプンです。

♦シンプルバブーシュ(Lady's)

前回ご紹介した「バレリーナバブーシュ」の他に、
シンプルなバブーシュも仕入れました。

羊革なので、ふわふわとやわらかい履き心地。
色はモカ・ブラウン・ブラックの三種類。
サイズは36と37と38の3サイズをご用意しました。

♦シンプルバブーシュ(Men's)

メンズタイプはスマートな先のとんがった三角タイプ。
色はモカ・キャメル。
サイズは40と40 1/2 の2サイズ。


昨日今日は、ぐっと涼しく過ごしやすい吉祥寺です。
また週末は、夏らしいお天気に戻るようですが…。

モロッコの雑貨は、彩りも鮮やかで暑い夏にぴったりです。
ぜひこの機会にご覧ください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『初めて旅したモロッコ』展 by 小匙舎
2011年7月13日(水)〜25日(月)まで 12:30〜19:30
※火曜は定休日です

吉祥寺の『小匙舎+みずたま雑貨店』にて HP

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

| 小匙舎のお知らせ | 14:41 | - | - | pookmark |
『初めて旅したモロッコ』展はじまりました。
 こんにちは、小匙舎です。

7月13日(水)より、『初めて旅したモロッコ』展はじまりました。

普段のお店のトーンに鮮やかな色が混じって、
モロッコの風がふわりと吹き抜けてゆきます。



テーブルの上はこんな感じになりました。
ミントティーグラスのグリーンが涼しげ…。

手前に散らばるのは、ブロンズの数字パーツ。
モロッコのお家の番地などに使われているもの。


こちらはバレリーナバブーシュとシンプルなバブーシュ。

椅子の上に重なっているのは、ハマム(モロッコのサウナのようなところです)用の
サビエット(タオル)です。

モロッコらしいキレイな色の織りが両サイドにたっぷり入っています。


バレリーナバブーシュは、室内用ですが、
ご自分で靴修理専門店などでソールをつけていただければ、
簡単な外履きにすることも可能です。

羊革なのでふわふわとやわらかい履き心地。

サイズ・色ともかなり限りがありますので、
気になる方はお早めのご来店をおすすめします。

また順次それぞれの商品紹介をしてゆけたらと思います。

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。



| 小匙舎のお知らせ | 15:23 | - | - | pookmark |
『初めて旅したモロッコ』展 by 小匙舎
 

こんにちは、小匙舎です。


今日は来週からはじまる企画展のお知らせです。


『初めて旅したモロッコ』展 by 小匙舎 

7月13日(水)〜25日(月)※火曜定休


実は3月の買いつけ旅の際、思いきって足を伸ばして

ずっと行ってみたかったモロッコを訪れました。


フェズ→メルズーガ→マラケシュと短い滞在のなかで、

小匙舎の目線で選んだモロッコ雑貨を仕入れてきました。


きらきらの太陽と青空が印象的なモロッコ。

せっかくなので日本の夏にあわせてご紹介しよう!と

こっそり寝かせていたモノ達が並びます。



ハリラというスープのためのオレンジの木のスプンや、

色とりどりのタッセルつきガラスボトル。


定番のシンプルな革のバブーシュや、

バレエシューズタイプの鮮やかな色のバブーシュ。


珍しいものでは、ハマムと呼ばれるモロッコ式サウナで使われる

サルビエット(タオル)。100%コットンのやさしい肌触りです。


ミントティーポットやグラスのミントティーセットや、

フェズブルーの食器も少しだけ仕入れました。


職人さんの手が感じられる素朴なつくりや、

モロッコらしい華やかさと彩りを感じられる雑貨を集めました。


*7/16(土)の一日限定で、ご来店いただきましたお客様に、

モロッコ風ミントティーをサーブする予定です。どうぞお楽しみに。

(数に限りがあります。無くなり次第終了いたします。)


みなさまのお越しを心よりお待ちしております。



*詳しい商品のご紹介や旅の日誌や写真も、

小匙舎日誌にて順次ご紹介してゆきます。

http://journal.kosaji.com/


::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『初めて旅したモロッコ』展 by 小匙舎
2011年7月13日(水)〜25日(月)まで 12:30〜19:30
※火曜は定休日です

吉祥寺の『小匙舎+みずたま雑貨店』にて HP

::::::::::::::::::::::::::::::::::::

| 小匙舎のお知らせ | 17:27 | - | - | pookmark |
買いつけ旅いってきます
 こんにちは、小匙舎です。

3月2日(水)〜22日(火)まで買いつけ旅にいってきます。

最初の目的地は、リトアニアでの年に一度の民芸市。

なんとあちらの気温は、現在マイナス10度以下とのことで、
昨年に引き続いて、極寒の雪の中の仕入れとなりそうです…。

それでも、昨年も寒さを忘れるくらい(いえ寒さは尋常ではなく忘れられる程度ではなかったのですが…)すてきな手仕事達との出会いがありました。

ロムアルダさんの小さくて繊細な絵柄のクリーマーや、
ため息が出るほど美しく繊細なイースターエッグ、
チェリーや林檎などさまざまな木から作られた暮らしに役立つカトラリーなどなど…。

お祭りでの仕入れのなによりの楽しみは、直接職人さんに会えること。

残念ながらリトアニア語は挨拶程度しかできず、あちらも英語の話せる人が少ないので、
なかなかスムーズにコミュニケーションとはいきませんが、
手から手へと創り手から直接仕入れさせていただくことは、
仕入れる身としてはとても嬉しくありがたいことで、じーんと感動すら覚えてしまいます。

そして職人さんの多くはご家族やご夫婦で作られているので、
お父さんが作った作品を(英語のできないお父さんの代わりに)、
息子さんが一生懸命説明してくれたり、家族の風景をのぞいてしまったりすると、
大切に日本へ持って帰って、無事持ち主を見つけてあげなくては…と、
いつも心がひきしまる想いです。

今から胸の高鳴る民芸市、今年はどんな出会いが待っているのでしょうか…。

リトアニアのお祭りの後はラトビアを経由して、
ベルギー、フランスとアンティーク仕入れの旅へ。

パリでは郊外の大きなブロカントが待っているのと、
つい先日産まれたばかりの大切な友人のbébéに会ってきます。

そして、今回買いつけ旅始まって以来初めて大陸を横断します!

行き先は、北アフリカのモロッコ!!

テキスタイルや革製品、陶器やタイルなど、前から興味のあるものが多く、
ずっと行ってみたい国NO.1だったのです。

モロッコは初めて訪れるので全くの初心者。どの程度仕事になるのかわかりませんが、
最近なにかと情勢が不安定な地域ですので、十分気をつけて行ってきます。

旅の日誌は、小匙舎日誌で綴りますので、
もしよろしければ、のぞいてみてください。

小匙舎の不在中も、お店は通常どおり営業します!
(みずたまさん長い留守ごめんなさい…。よろしくお願いします!)

小匙舎の新商品も入荷しましたので、是非お立ち寄りください!

帰国後は、昨年に引き続きリトアニアの手仕事の企画展を予定しています。

どうぞお楽しみに!

それでは いってまいります。


小匙舎

| 小匙舎のお知らせ | 10:00 | - | - | pookmark |
ラトビアの手編みミトンと靴下セール
こんにちは、小匙舎です。

 すっかりブログの更新が滞ってしまいました…。

今日はクリスマスイブですね。

冷たい風の吹く寒さの中、プレゼントを探しに来て下さるお客様が多く、
「無事喜んでいただけますように…」と願いながら、心をこめてお包みしました。

クリスマスにぴったりなドイツやエストニアで見つけたオーナメントやX'mas ラッピングの今治タオル、フランスのヴィンテージブローチなどのアクセサリが人気でした。

さて今日は、ラトビア手編み製品のセールのお知らせです。

本当は年が明けてから…と思っていたのですが、
この寒さの中、私自身も手編みの暖かさをひしひし感じているので、
せっかくなら、少しでも早く味わっていただけたら…と、
一足先にセールをスタートしました。

ラトビアの手編みミトンや靴下、ストールなどが表示価格より10%OFFとなります。
(既にセールの商品は除きます)

ほとんどが、ラトビアのおばあちゃんの手編みの一点ものですが、
まだまだ大人用の靴下は種類もサイズも揃っていますので、
今のうちにぜひお気に入りを探しにいらしてくださいね。



また、「遠くてなかなか行けないな…」という方は、
小匙舎のWebshopでも、先日の企画展『ラトビアの森の民芸市』Webshop編が
スタートしましたので、そちらをご覧ください。

Webshop特集『ラトビアの森の民芸市』リンクはこちら↓
http://www.kosaji.com/?mode=grp&gid=138285&sort=n


ではでは、みなさまステキなクリスマスをお過ごしください。

メリークリスマス




| 小匙舎のお知らせ | 18:28 | - | - | pookmark |
買いつけ旅より帰国しました

お久しぶりです、小匙舎です。

昨日、ヨーロッパ買いつけの旅より帰国しました。
約三週間弱の旅、雨に泣かされたり、大好きな人達と再会したり、
色々なことが起こり、たくさんのものと出会いました。

最後の一週間は、ブリュッセルとパリを雑貨カタログのツアーのみなさまと一緒にまわり、
ご案内役として奮闘しました。

こちらもとても貴重な体験で、初めてのことでドキドキしましたが、
とても濃い一週間で大切な思い出となりました。

旅の様子は、小匙舎日誌のほうで綴っていますので、
よろしければのぞいてみてください。 

旅で仕入れてきたモノ達は、これから受け取り・登録作業をして、
来月頭には少しずつ並べられるようにしたいと思っています。

また、12月5日の大江戸骨董市にも出店予定です。
そちらにも届きたてほやほやが並びます。

最後に、留守中お店を切り盛りして下さったみずたまさん、
お手伝いいただいた方々、どうもありがとうございました。
おかげさまで、これまで以上のよい買いつけ旅となりました。

写真は、早朝のドレスデンで見た虹。河沿いの蚤の市に向かう途中、
ものすごい追い風に背中を押されながら撮りました。夢のような出来事だった!


小匙舎
| 小匙舎のお知らせ | 18:25 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE